読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスフリーラン

とくにないです

物知りになりたいです

物知りになりたいです。例えばC4プラスチック爆弾の仕組みを問われてそらで答える事ができたら相当かっこいいと思います。散歩中に怪我をしたインド象を見つけて、その知識量から適切な処置を見出して助ける事ができたならばそれはやはり相当かっこいいのです。

 

散歩中に未開の部族の住む集落を見つけたとしましょう。部族内では謎の奇病が蔓延しており今まさに絶滅の危機を迎えています。これが薄い本であればこの未開の部族を悩ませる奇病は何故か「男だけを死滅させる」ものであり、これを救済するために褐色の美女達が僕に群がると言う展開になりますが、今回の場合に限り奇病は男女問わず発病し、その尊い命を死へと導いています。

 

ここで僕は圧倒的な知識量から奇病の正体を突き止めて適切な処理を行います。原因が未知のウィルスであろうとも圧倒的な知識量からウィルスの塩基配列的なものを解読して何か抗ウィルス薬的なものを開発します。途中ウィルスが変異すると言うイレギュラーに見舞われ自身もウィルスに蝕まれますが最終的には体内で抗体を作り出して克服します。薄い本であればこの抗体を求めて褐色の美女達が僕に群がると言う展開になりますが、今回の場合に限り抗体は注射器を用いた投与となります。

 

こうして集落内から奇病を取り除きその場を立ち去ろうとするのですが、部族達には奇病の記憶が色濃く刻まれており、家族や仲間を失った恐怖から僕が立ち去る事を受け入れてくれません。部族達は長の娘であり一番の褐色美女であるカーニャを嫁に取り集落に留まるよう懇願していますが、このままではモンストの連続ログインがリセットされてしまうためどうしても帰らなければいけません。そういえば電気料金の検証のため冷房を付けっぱなしにしてもいます。

 

それでもこのまま場を離れるのは誰のためにもならない、と思い直し先に助けたインド象を連れてきて集落内の神殿に配置しこれは自身の分身である、と部族達に説いて彼らを納得させます。偶像崇拝を初め、心に平穏を取り戻した部族達はここでようやく僕が帰る事に納得し、盛大な宴を開いて僕を見送ってくれます。奇縁ではありましたが苦楽を共にした仲間でもあります。僕は「集落にまた何かあれば必ず助けに戻る、その時はこの多量のC4プラスチック爆弾を使って知らせてくれ」と伝えて家路を辿りました。

 

これらの経験を支えたのは言うまでもなく圧倒的な知識量です。知識があればC4の仕組みもわかるし、インド象も未開の部族も救えるのです。だから僕は物知りになりたいです。

2016/6/30 世間のフリーランスに対する認識と扱い

友人内であいつ(僕)ニートだと言う噂が広まっていまして、噂の出所はどうやら知り合いの女の子なのですが、この人は僕の事を菜の花の葉の裏側に付いているアブラムシくらいにしか思っていないのでどうにも遠慮がありません。何故こんな扱いになってしまったのでしょうか。以前この子の車に乗せてもらった時、助手席で数時間に渡って福山雅治のモノマネをして運転が退屈しないよう配慮したと言うのに、そんな気遣いすらも忘れてこの仕打ちです。

 

と、ここで本当に件の女の子は友人なのか?と言う疑問が頭を擡げるわけですよ。これがそもそも僕に友人はいるのか?と言うところまで落ち込んで行って悩んで、悩んで、悩み抜いて、友人ならば頻繁にLINEで連絡を取るはずだ、と気がついてLINEのやり取りの履歴を確認してみると、

 

・「お腹が減った」と遠回りな恐喝をしてくる女友達A

・「運極出してくれません?」とモンストで周回要員として僕をカウントしている後輩B

・「新しいLINEだよ☆登録してね!」とだけ送ってきた知らない人(現在は「メンバーがいません」)

・「至急対応をお願いします」と電話連絡を無視していたらLINEで仕事依頼をしてきたクライアントC

・件の女の子からのLINEはそもそもない

 

このような感じでした。これならば謎の古代遺跡を守る正体不明の球体兵器ブリオンとかの方が仲良くなれそうな気がしますね。そもそもですが、僕は無職でもニートでもなくフリーランスです。ニートと何が違うの?とよく聞かれますがきちんと収入はありますし確定申告もしています。なのに属していないからと言う理由で花見の席取りや、飲み会の調整に使われるのは理不尽じゃないですか。

 

そんな反論した事もありましたが「じゃあ毎朝何時に起きてるの?」(11時くらいです)「ストレスとかあるの?」イザナギ零に勝てない)「なんでそれで生活できるの?」(一応頑張ってるから…)と言うやり取りの一番最初の部分で彼女から殺意の波動が感じられたので僕は自分を殺して嵐が通り過ぎるのを待ちました。

 

でもねフリーランスは実際にはそんな楽ではないですよ。

 

何もしなければ当然収入は0だし、フリーランスとしてやっていけなくなった時、この数年の空白を企業がどう受け取るかと言う不安が月夜の晩にわき上がって全裸で街を走り回りたい気持ちになったりしますからね。「俺の自由の槍(フリーランス)をとくと見るがいいッ!喰らえ!一撃必殺ゲイボルグ!」なんつって、夜の街をね。

 

 

最近、僕が感じているストレスや不安は他人の感じているそれとはレベルが違うのではないかと思うようになりました。件の女の子の態度は概ね正しいです。

2016/6/22 ロードバイクを盗んだ犯人は世界の果てまでも追いつめて相応の代償を支払わせる

無気力です。

 

4年程連れ添った相棒であるキャノンデールロードバイクが盗まれました。きちんと柱にチェーンでロックしていたためワイヤーカッターを使用したプロの犯行かと思われます。同じ場所に停めていた友人のロードバイクも一緒でした。

 

被害届を出して終電ギリギリとなった深夜帯、友人と共に歩く事となった帰路、思いつく限りの罵詈雑言を吐き出す僕とは異なりロードバイクとの美しい思い出を振り返る友人。曰く長い間お金を貯めて発注してからも相当待ったのだとか。悲しい。

 

なんとかして犯人を見つけ出したい。見つけ出して相応の報いを受けて頂きたい。具体的には口呼吸が出来ない身体になってちょっとした鼻詰まりでも生命の危機を感じるような生活を送って頂きたい。犯人の右頬を打った後、左頬を差し出されたらボディに一発いいのを食らわせてやりたい。悲しみに打ち拉がれて雨に打たれながら天を仰ぐ僕と肩がぶつかり憤るチンピラに対して「やめておけ…今は誰でもいい気分なんだ…」と言ってやりたい。怒りに支配されて世界を滅ぼさんとする僕を見て愛の尊さを説き暴走を止めようとする新垣結衣「ありがとう…でももう手遅れなんだ…」と伝えたい。大丈夫、もう世界を滅ぼす事なんて考えていない。世界を滅ぼすために全世界中から集めたこの憎しみは僕が持って逝くから、と伝えたい。本当にありがとう…。朽ち果てた身体、僕の生命を代償にして晴れ渡る世界。溢れる笑顔と希望。射す光。そしてその陽光の下には嘗ての相棒であるキャノンデールの姿が…

 

なんだ夢か。(盗まれたのは事実です)

フリークライミング(ボルダリング)のススメ

僕の数少ない趣味の中にフリークライミングがありまして、もう四年ほど登り続けているのですが、今でも週に2~3回登らないと禁断症状が出てしまう程に夢中です。

 

ボルダリングジムでしょ?知ってる」

 

そうですね、最近ではボルダリングの認知度も上がりジムも増えてきました。フリークライミングと言うのはこのボルダリングトップロープライミング」「リードクライミングを加えたものの総称です。僕は普段クライミングジムでトレーニングをしながら、たまに外岩に行ってストレスを発散しています。

 

f:id:bookworm0201:20160629174358j:plain

▲雄大な大自然の中をリードクライミング

 

「危なくないの?」

 

危なくない、とは言いきれません。実際僕も過去何度か骨折や靭帯の損傷を体験しています。

 

ある時は外岩でのボルダリングでクラックと呼ばれる岩の裂け目に手を入れて登っていたところ、すっぽ抜けて落下をし手のひらの肉の一部が抉れた挙げ句に剥離骨折しました。

またある時はリードクライミングで数十メートルの崖を登っている最中、濡れた岩肌で指が滑って落下、きちんと確保もしていたしビレイヤー(相方)もきちんと対処してくれたので大事には至りませんでしたが、ロープに絡まってロープバーンと呼ばれる火傷と岩に叩き付けられての打撲が残りました。

 

f:id:bookworm0201:20160629174655j:plain

▲ロープバーン。ヘタクソなので生傷が耐えない。

 

怪我は怖いですし常に危険と隣り合わせではありますが、きちんとした技術を学び、周囲の人間と声を掛け合う事で事故のリスクは軽減できます。

 

「そこまでして登って楽しいの?」

 

楽しいです。難しい課題が登れればそれだけで楽しいですが、例えば筋肉ムキムキのマッチョマンが100%の力を使ってようやく登る課題を技術と経験で50%の力で登る、単純に力が活きる競技ではなくパズル的な楽しさがあります。外岩ならばそれに加えて自然との一体感であったり普通では味わえない雄大な景色を楽しむ事もできます。

 

f:id:bookworm0201:20160629175309j:plain

▲壮大な景色を楽しむことができる。

 

「最近特に楽しかった事は?」

 

外だと三泊四日でキャンプしながら色々な岩場を登った事ですね。天気にも恵まれてポイントまでのんびりと歩いて行くのも楽しいですし、初めて触る課題では毎回新鮮な驚きと楽しさがあります。

ジムだと初段の課題が登れた事でしょうか。ジムによってグレーディング(難易度)は異なりますが、初段(8級~1級の次が初段)となると何処のジムでも中々難しい部類になります。これが登れた時には「中級者から上級者へステップアップできたのかな?」と感慨深いものがありました。

 

「行ってみたいけどなんか怖い」

 

認知度が上がったとは言えまだまだ浸透したとへ言いがたいスポーツですからそう思うのも当然です。ですがジムでは体験講習を行っているところも多いですし、僕の通っているジムでは初心者を見かけると常連さん達から声を掛ける事も多いです。シューズ等のレンタルもあるので、まずは着替えだけを持ってジムへ行ってみてはどうでしょうか。

 

f:id:bookworm0201:20160629175410j:plain

▲最近は若い女性の方も多いです。

 

「禁断症状は大丈夫ですか?」

 

駄目です。実は最近ストレッチジムにも通っているのですが、肩の痛みを抱えたままクライミングを続けていたらトレーナーさんに怒られました。嬉々として初段が登れた喜びを伝えていたところ叱咤されました。なので仕方なくクライミングを控えているのですが初日にして禁断症状が出ましたね。記事を書いていれば気が紛れるかと思ったらそんな事は全然なくて余計に登りたくなってきているので、もう痛くても構わず登りに行ってしまおうかと思っています(笑)

 

「Mですか?」

 

ドMです。ドMなんです。

2016/6/26 悪魔召還に使用しそうな牛タンを食べたら尻から悪魔が召還された話

ブロガーになりたい、ライターになりたいと言っておきながら結局書いているのは愚痴だとか自己満足な妄想だと言う事実に気がついた時、僕の中で何かが壊れた。が、壊れたと思った大切なもの(多分自尊心的な何か)は単に初期不良なだけであったので今日も普通にブログを更新するのでありました。

 

そりゃ僕だって最新商品のレビューだとか旅行記だとか華やかな記事を書きたいですよ。しかしながらそれを可能にする資本力、行動力が決定的に欠けているので「今はまだその時ではないのだ」と自身を慰めて来世を待ちましょう。

 

しかしながらこんな僕でも多少の友人はおりまして、時折そんな貴重な交友関係を手繰っては「たこ焼きパーティ」なる集いを開催しリア充気分を満喫します。先日もカップル一組、夫婦一組を招いて拙宅でこの催しを執り行いました。組み合わせを見るに遠回りな自傷行為のようにも見えますが、基本的に独り身の女性を誘ったとしても高確率で「用事がある」「面倒くさい」「臭い」などの理由で断られる事は目に見えているので誘いません。

 

そしてこの日、何か変わった趣向で場を盛り上げようと言う悪魔的発想が僕の頭をもたげました。それは即ちこういう事です。

 

f:id:bookworm0201:20160628150515j:plain

どんッ。牛タン丸々購入。

 

よくわからないけれどスーパーで冷凍のものが売っていました。友人も何故か乗り気でした。圧倒的なグロさを誇る丸のままの牛タンですが、スライスしてみると、

 

f:id:bookworm0201:20160628150535j:plain

このように普段見かける牛タンそのままになります。今回は厚めにカットして頂いてみましょう。

 

「これそもそも煮込んで食べるものなんじゃないの?」「とにかくグロい」「食中毒にならないか不安」等と言う会話が卓上を飛び交いましたので、先に試しにカットしていた小さめの肉片をテストケースとして僕が頂く事になりました。ここにいる中で僕だけが唯一愛すべき人を持たない、有事の際にも悲しむ人のいない最強の個体なので率先して実験台になるのは当然ですね。それでは頂きます。

 

f:id:bookworm0201:20160628150609j:plain

 

硬い。とてつもなく硬い。噛み切られたくない、胃の中に収まりたくないと言う鉄の意思を肉から感じます。ようやく噛み切れたとしていつまでも飲み込めない、舌に絡み付きながら口の中に存在し続けるこの状態は言わば牛とのディープキス。種族間を超えた一つの愛の形…って美味しくない!噛んでいる間に味付けとして掛けたクレイジーソルトだけが洗い流されて後には牛タンから生み出される獣臭が…これを旨味と形容できないこともありませんが、とにかく飲み込めない。

 

それでもなんとか皆が一切れずつ完食。

 

…まだ半分残ってるけど切ろうか?と言う問いに対する答えは沈黙。残りの牛タンは今も冷凍庫に鎮座しています。翌日何か液状のものが尻から吹き出す怪現象が僕を襲いましたがそれはまた別のお話。牛との濃厚なディープキスが暗黙的に悪魔との契約を交わした事になって尻から悪魔が召還されたのだと、僕はそう解釈しています。

夏と薄着と自律自爆

「エマージェンシー、エマージェンシー、評議会により自律自爆が提訴されました。否決…否決…」

 

ちっ…またか…

 

先輩!一体何事ですか?!自爆だなんて穏やかじゃない単語が聞こえましたが!

 

おう、新入り。読んで字の如くだ。こいつは心に多大なストレスが掛かりそれに耐えられなくなった時に働く自衛行動の一つだ。自律自爆だなんて謳っちゃいるがその実ただの現実逃避、全ての感情を捨てて奇行に走るだけの幼稚な癇癪だが回数を重ねる度にその内容は厄介になってきていやがる。このままだと事案から事件に昇華する日もそう遠くはないぞ。

 

すみません…よく意味がわからないのですが…

 

待ってろ、今原因を調べてやる…うん?どうやら駅構内の階段でカップルが二列のまま上り下り(あくまで優先)を逆走した挙げ句にぶつかってきたらしい。その時の男の勝ち誇った笑み…「お前独りの癖に彼女持ちの俺にぶつかってるんじゃねぇよ」と言うまぁ、被害妄想だなこりゃ。

 

え…?それだけでストレスを感じているんですか?その上耐えれなくなって事件を起こすかもしれないって?

 

そういう事だ。間々ある事だが、評議会で可決されるには至らないだろう。

 

評議会と言うのは?

 

こいつもさすがに反射で生きている訳じゃない。一応は理性と言うものがある。だから反社会的な行動が提訴された場合には評議会、理性を司る三賢者である「クリムゾン」「なぱた」「クジラックスの多数決で結論を出すんだ。自律自爆なんてそう簡単に可決されるものじゃあない。

 

全部エロ同人作家の名前じゃないですか。それだけで理性が吹き飛びそうな奴じゃないですか。

 

「自律自爆の提訴について、賛成1、反対2。否決…否決…。評議会により自律自爆が再び提訴されました」

 

くっ、今回は一筋縄じゃいかないようだな。早いところ手を打たないとこのままじゃ最悪の結末まで一直線だ。

 

そんな!何か方策はないんですか!配属されたばかりでこんなのってないですよ!ただのモテない男の僻みじゃないですか!

 

落ち着け、お前だってそんな男の一部なんだ。方策だってあるにはある。一つはお前の言うモテない男の僻み、そんな負の感情が吹き飛ぶくらいの黒歴史、恥ずかしい記憶を呼び覚まして問題自体を有耶無耶にしてしまう方法。もう一つはとびきり上質なエロ動画を見つけて三賢者を懐柔する方法だ。

 

やっぱりエロじゃないですか!

 

エロは世界を救うんだ。ちなみに前回自律自爆が提訴された時には前者の方策を取った。過去にオンラインゲームで12神将を名乗り、仲間と共にファミリーネームを12GJ(12 GOD JENERALの略な上にジェネラルの正しい綴りはGeneral)に統一して専用のウェブページまで作って掲示板で仲間を募集していた恥ずかしい記憶を掘り起こして問題自体を矮小化したんだ。

 

それなら今回も黒歴史で!

 

わかってる。わかってはいるがここ最近同じような事が続いていたんでストックがない。後者を選択せざるを得ないが今は既に電車の中…スマホでエロ動画を探す、その行為自体が犯罪に繋がりかねない。だとしたら…もう…

 

…先輩!あれを見てください!

 

ん?

 

美人です!美人が薄着でこれは…よく見てください!胸の辺り!ブラチラブラチラです!これはすごい!肥沃な大地で育ったたわわな果実が問題の提訴へと繋がった負の感情自体を浄化していくようです。恋せよと責めるこの町の基本構造が一人の薄着美人を生み出し、どういう因果か同じ車両の目の前の席に鎮座していた奇跡に感謝しましょう!

 

「自律自爆の提訴について、賛成0、反対3。否決…否決…。自律自爆は完全に否決されました」

 

圧倒的感謝。

2016/6/24 僕の幸せの物差しは過去の不幸からの相対的な位置からでしか測れないので不幸になればなるほど結果幸せになれる仕様です

おかしいやん…

 

ロードバイクが盗難にあってしまった事で移動手段を失い、仕方なく倉庫から昔使っていた折りたたみ自転車を引っ張り出して空気を入れておりましたところ、「パァン!」と言う不吉な破裂音と共にチューブがお亡くなりになられました。横で作業を見守っていた猫のちーちゃんは破裂音に驚いて何処かへ行ってしまいました。帰ってきて。

 

破裂は百歩譲って受け入れるとして、タイヤの径が特殊なのでチューブを手に入れるのが面倒くさいです。土とか詰めて走らないかな。

 

容姿にも天運にも恵まれなかった僕にはこうした地味な不幸が日常的に降り注いでいます。「出た出た不幸自慢。マジきもい死ね」うんうん死ぬから!やがて死ぬから!きもいのもわかってるから!でも不幸なのは事実なんですよ。取り分け昨年は動物運が悪かった。今パッと思いつくだけで、

 

1)山(A)に行く途中に寄ったコンビニで駐車場に繋がれていた飼いダックスフンドに噛まれて流血

2)山(B)の中で休憩のために石の上に腰を下ろしたらカモシカの糞の上だった

3)朝、自室にて目覚めると枕元でマムシがトグロを巻いていた

 

これだけありますからね。1)は動物に流血させられる程噛まれている時点で動物由来感染症の危機だし、3)に至っては夢の世界からそのまま涅槃に旅立つ可能性すらありましたからね。どうやら山(C)に行った際に荷物に紛れていたようですが、発見したのは下山した翌々日なので少なくとも丸一日マムシと過ごした事になります。そう考えると2)のうんこは一緒にいた人たちから距離を取られただけなのでメンタル面は兎も角、健康面への影響はなかったですね。

 

もっと遡ると仕事面では、

 

4)会社(D)に仕掛けられていた隠しカメラから、仲の良い経理の人妻との不貞を疑われて社長の嫉妬を買って離職

5)会社(E)に警察のガサ入れがあり、犯罪行為の実行犯に仕立て上げられて書類送検

6)会社(F)で上司がその筋の人だったため色々あって離職

7)会社(G)で労基の監査が入り社長が逃亡、会社が解体される

8)会社(H)で労働時間と心労から身体を壊し手術のために休職してからの復帰時、診断書提出のタイミングで退職させられる

 

等々、バラエティに富んだ不幸があります。今現在僕がフリーランスであることは自然な成り行きと言えますね。そして自転車のチューブの破裂くらい不幸とも言えない些細な出来事なので、これは当たり前の日常として享受したいと思います。

 

嗚呼、チューブが破裂するくらいで済んで僕はなんて幸せなんだろう。