読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスフリーラン

とくにないです

2016/6/24 僕の幸せの物差しは過去の不幸からの相対的な位置からでしか測れないので不幸になればなるほど結果幸せになれる仕様です

おかしいやん…

 

ロードバイクが盗難にあってしまった事で移動手段を失い、仕方なく倉庫から昔使っていた折りたたみ自転車を引っ張り出して空気を入れておりましたところ、「パァン!」と言う不吉な破裂音と共にチューブがお亡くなりになられました。横で作業を見守っていた猫のちーちゃんは破裂音に驚いて何処かへ行ってしまいました。帰ってきて。

 

破裂は百歩譲って受け入れるとして、タイヤの径が特殊なのでチューブを手に入れるのが面倒くさいです。土とか詰めて走らないかな。

 

容姿にも天運にも恵まれなかった僕にはこうした地味な不幸が日常的に降り注いでいます。「出た出た不幸自慢。マジきもい死ね」うんうん死ぬから!やがて死ぬから!きもいのもわかってるから!でも不幸なのは事実なんですよ。取り分け昨年は動物運が悪かった。今パッと思いつくだけで、

 

1)山(A)に行く途中に寄ったコンビニで駐車場に繋がれていた飼いダックスフンドに噛まれて流血

2)山(B)の中で休憩のために石の上に腰を下ろしたらカモシカの糞の上だった

3)朝、自室にて目覚めると枕元でマムシがトグロを巻いていた

 

これだけありますからね。1)は動物に流血させられる程噛まれている時点で動物由来感染症の危機だし、3)に至っては夢の世界からそのまま涅槃に旅立つ可能性すらありましたからね。どうやら山(C)に行った際に荷物に紛れていたようですが、発見したのは下山した翌々日なので少なくとも丸一日マムシと過ごした事になります。そう考えると2)のうんこは一緒にいた人たちから距離を取られただけなのでメンタル面は兎も角、健康面への影響はなかったですね。

 

もっと遡ると仕事面では、

 

4)会社(D)に仕掛けられていた隠しカメラから、仲の良い経理の人妻との不貞を疑われて社長の嫉妬を買って離職

5)会社(E)に警察のガサ入れがあり、犯罪行為の実行犯に仕立て上げられて書類送検

6)会社(F)で上司がその筋の人だったため色々あって離職

7)会社(G)で労基の監査が入り社長が逃亡、会社が解体される

8)会社(H)で労働時間と心労から身体を壊し手術のために休職してからの復帰時、診断書提出のタイミングで退職させられる

 

等々、バラエティに富んだ不幸があります。今現在僕がフリーランスであることは自然な成り行きと言えますね。そして自転車のチューブの破裂くらい不幸とも言えない些細な出来事なので、これは当たり前の日常として享受したいと思います。

 

嗚呼、チューブが破裂するくらいで済んで僕はなんて幸せなんだろう。