読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連続電波障害

とくにないです

デッドエンド

これまでのあらすじ

外岩ボルダリングに置ける登竜門、クラシック三課題のうちの一課題「忍者返し」を完登した私は、次に「デッドエンド」の完登を目指していた。

 

休日ともなれば多い時で数十人のクライマーが集まる人気スポットであるにも関わらず、件の岩場にはほとんど人がいなかった。空を見上げると灰色の雲が不機嫌さを隠そうともせず足早に空を横切っている。

「今日はお昼くらいで上がりましょう」

古藤君が笑顔で私に話しかける。彼は私よりも10も年下だが、何かとこう言ったイベント事に声を掛けてくれ、自宅で暇を持て余すだけの私を救い出してくれるメシアのような存在だ。今日は私と古藤君、そしてその彼女の時田さんの三人での遠征であった。時田さんは少し前に煩ったギックリ腰が気になるらしく、頻りに腰を摩りながら岩場の横にある川で何やら散策をしている。

「今日こそは登るぞ」

デッドエンドへの挑戦はこれで三度目だ。さすがに知名度のある一級課題はそう簡単には攻略できない。岩に触れると特に湿気などは感じず、ひんやりとはしているがさらさらとした感触がある。気温も高くないので岩は絶好のコンディションであると言えた。

一時間ほど掛けて下部の手順を繰り返し、身体を暖めながら本気で挑戦する頃合いを見極める。

そしてウォーミングアップからの延長、核心部分の左ポケットを取ってからの右足上げ…はできないので、左を固めた状態での右手取り。二度目に来た時よりも左ポケットが効くのはコンディションが良いからだろう。右手でクラックを取り、右足を上げてそのまま右手を飛ばしてガバカチへ。ここまで来てしまえば問題があるはずもなくあっさりと完登を決めたのであった。

「おめでとうございます!」

古藤君と時田さんが握り固めた拳をこちらに向ける。私はそれに応じて同じように握り固めた拳を合わせた。これはクライマーが課題を完登した時に交わす挨拶のようなもので、健闘を讃える最大の賛辞でもある。私は熱いものが胸に込み上げてくるのを感じ、今すぐにでも全ての衣服を脱ぎ捨てて駆け回りたい衝動に駆られたが、今後二人からイベント事に誘われなくなる、乃至はしばらくクライミングに興じることのできない遠い場所へ送られるかもしれないと言った一抹の不安を感じて、欲求を心の深いところへと抑え込んだ。

「次は小川山のエイバフ船長ですね」

クラシック三課題も残すは一課題。直近ではゴールデンウィークに挑戦する予定を立てている。二泊三日のこの合宿で、悲願達成できるのだろうかと言う懸念はあるが、打倒モビィ・ディックに執念を燃やすエイバフ船長の如く、私の心は燃え上がっている。