フリーランスフリーラン

とくにないです

仕事の無茶ぶりは精神に多大なる影響を与える

二ヶ月にも及ぶ大規模な改修が本日完了しました。

 

事の発端は業務委託契約を交わしている会社からの作業依頼でした。「三月中にECサイトのクレジットカード情報非保持化が必要だから、うちで動かしてるサービス全部対応しておいて」今年の二月初旬の出来事でした。このセキュリティ対策の採用指針が経済産業省から発表されたのは2016年のお話です。何故二年も経ってから依頼がくるのか問いつめたいところですね。

 

とは言え現状動かしているECサイトは大手のオープンソース管理システムを使用していますし、開発元が提供するアップデートを反映すれば大丈夫だろうと、そう思いました。ダメでした。圧倒的に無理でした。僕の前に業務委託契約を交わし、ECサイトを構築していた前任者の無茶なカスタマイズが邪魔をして、アップデートを反映すれば前任者の改修した部分が無に還る、反映しなければ非保持化対応できないと言う矛盾だらけのモンスターになっていたのです。

 

僕は泣き、叫び、感情の機微を踊りで表現しながら服を脱いで街へと飛び出し、通報され、警察に追いかけられて捕まり、身元を引き受けるために警察署を訪れた実母の「なんでこんなことを…」と言う言葉と共に頬を伝わる涙を見てこう思いました。

 

それでもお仕事だから頑張ろ。最悪頑張っている姿勢だけ見せておけばなんとかなるっしょ!

※改修に失敗してサービスが停止すると膨大な損失が発生します

 

そこからは地獄の日々の始まりです。テスト環境を利用し、矛盾だらけの継ぎ接ぎモンスターのソースコードを熟読。前任者のカスタマイズ内容を仔細に把握して、アップデート後に再び反映できるよう情報を集めていきます。しゅ…しゅごい!仕事ができる人間っぽい!憧れる!これは憧れてしまうね!三つ隣の席に座っている最近入社してきた可愛い女の子の意中の人になってしまう!実質もう入籍してる!今夜はとっておきのシャンパンを開けよう!さあ、服を脱いでこっちに来るんだ!早く!早くしろ!この!

 

 

これだけ頑張っても見落としがあって、本番反映時には予測もしなかった重大なバグが発生してしまうかもしれない。不安と言う名の悪魔が僕の背後で羽音を立てながらこう呟きます「二年も時間があったのにぎりぎりになって気がつく会社が悪いんだ。お前が全てを背負う必要はない。今すぐに逃げちまおうぜ」と。

 

次にやってきたのは責任と言う名の天使です。優しく暖かな笑みを浮かべながらその天使は静かにこう言いました。「大丈夫。あなたはやるべきことを全てやったわ。後は自分を信じるだけ。失敗したとしても前任者が全部悪いから、その時は逃げちまおうぜ」と。お前絶対天使じゃないだろうと、完全に堕天してるだろうと、どう足掻いてもネガティブにしかなれない僕の前に次に現れたのは松岡修造です。

 

できる!できる! キミならできる! 僕は本気だ!キミは本気か?

できる!できる! キミならできる! 大丈夫!キミは太陽だから!

 

(間奏 メッセージ)

 

だーかーらー

できる!できる!キミならできる! 打ち上げてみろよ、心の花火を!

できる!できる! キミならできる! 今日からキミは富士山だ!!

ドンウォーリー!ビーハッピー!

 

うわぁ!松岡修造さんだぁ!こんなことあるぅ?!できるわこれ!完璧にやり遂げる自信があるわ!

 

そうして訪れたメンテナンスタイム。予め用意していたフローに従い改修を進めて当初の予定よりも早く改修完了。その後のテストでも問題はありませんでした。問題があるとすれば重大な責務を背負わされた影響で崩壊してしまった僕の精神です。早く誰か助けに来て。