フリーランスフリーラン

とくにないです

コーヒーは嗜好品だと言う結論には達している

コーヒーって本当に美味しいですか?

 

わからない。コーヒーの美味しさが全くわからないんです。だから「コーヒーが飲みたい」と言う欲求や「ちょっとコンビニでコーヒー買ってくる」と言った行動が全く理解できないんです。

 

結局はカフェイン中毒なんでしょ?カフェインに依存しているからコーヒーが飲みたいだけで別にコーヒーを美味しいと思っているわけじゃないんでしょ?コーヒーを飲まないと自我を保つことができず、長時間カフェインを摂取しないでいると第二の人格『禍陰』が顔を出して「ククク…久しぶりに外に出られた。こいつは意思が強過ぎて困るぜ」みたいなことになるから仕方なくコーヒーを飲んでいるんでしょ?

 

「美味しいから飲んでる」

 

嘘やん。コーヒーなんてただの苦いだけの液体ですやん。美味しさで言ったらピルクルの方が遥かに美味しいじゃないですか。美味しい上に乳酸菌が生きたまま腸まで届くじゃないですか。カフェインのことはよく知らないけれど、カフェインは多分最初から死んでますもん。

 

まぁ、確かにピルクルの乳酸菌だってその全てが生きて腸まで届いているかって言われたらわかりませんよ。腸に辿り着くまでには数多もの障害があって「ククク…久しぶりに腸まで届いた。こいつは胃酸が強過ぎて困るぜ」みたいな感じで選ばれた乳酸菌のみが腸まで届いているのかもしれません。

 

だとしてもコーヒーとピルクルのどちらが飲み物として優れているかは明白じゃないですか。飲みましょうよ。ピルクルを。

 

みたいなことを言うと「はいはい、お前はピルクルを飲めばいいじゃん」でこの議論を強制終了しようとする輩がいるじゃないですか。終わらない。この議論はまだ終わらないから。何その『俺は大人だから』みたいな反応は。言っておくけどそんなのは全然大人な対応じゃないから。大人は徹底的に議論するから。そうやって人間の可能性は磨かれていくのだから。

 

じゃあわかりました。カッコつけてるだけなんでしょ?

 

本当はコーヒーが美味しいとは微塵も感じていないのに、コーヒーを飲んでいるとモテ度が上がるから飲んでるだけなんでしょ?確かにカッコいいんですよ。カフェで「アイスコーヒーのトールサイズを一つ」とか「ミルクと砂糖はお付けしますか?」みたいなやり取りはカッコいい。

 

これがピルクルだったら注文するだけで終わりますからね。仮にピルクルのトールサイズを一つ。乳酸菌だくだくでストローも付けて」みたいな注文の仕方をしたとしても全くカッコよくないですからね。そもそもカフェでピルクルを注文していたらそれは日清食品グループの社員か単純にサイコパスな可能性がありますからね。

 

まぁ、別に僕もコーヒーとピルクルの間で優劣をつけたいとか、そういうことじゃないですよ。純粋にコーヒーを飲んでいる人間全員が『美味しい』と思っているのかが気になっただけなんです。仮にカッコつけでコーヒーを飲んでいる人間がいたとしても、それを否定しようとは思わないですからね。むしろそんな人がいたら安心しますからね。

 

一番腹の立つケースがあるとしたら「私ってぇお子ちゃまだからぁコーヒー苦手なんですよねぇ。コーヒーってぇ飲むとぉ夜眠れなくなっちゃうじゃないですかぁ」みたいなヤツがいた場合ですよ。いたんですよ。コーヒーどころか豚の生き血を啜っていそうなヤツが。言うに事欠いて『お子ちゃま』なんてのたまうものだから、つい勢いでボコボコにしてしまいそうになりましたよね。

 

「やだぁ!やっぱりコーヒーってにがぁい!」

 

うるさいよ。味覚を失えお前は。